2006年07月07日

血液型

4月にやったアレルギー検査で、チビ嬢の血液型判定不能の結果が出てから早3ヶ月。紹介状もいただいてたのに先延ばしにしていたので、やっと先週行って先日結果が出た。

最初の病院では『検査ミスの可能性が高いのですが、一応もう一度大きな病院で調べてみますか?』と言われたので、ちょっと安心してた部分もあった私。それが紹介された病院のドクターの言葉『この出方だと亜型など何らかの抗体が出てくると思います』を受け、勝手な思い込みだったと分かった。

結局、ABO式だとBなんだけど、オモテ検査とウラ検査が不一致で判定不能と前回は報告されたらしい。で今回、不一致だった原因がMN式で判明、M抗体が1本あるからこれがウラ検査で反応したんだねって言われた。うーーーん、私にはちゃんと理解できない。ドクターが噛み砕いて説明してくれた内容は、赤血球がB抗体とM抗体を持っているので、普通のB型を輸血すると凝結しちゃうかもしれないから、一応輸血とかの前には『M抗体を1本持ってます』って病院に説明してくださいって。こういうのって証明書とかないんだね。RH+とかRH-は血液型と列記するんだけど、MN式は記入されないんだって。

急に心配になってきた私は、思わず『チビ嬢に輸血できる血液って病院とかのストックで約何割位あるものなんでしょう?』と尋ねてしまった。すると『病院やタイミングにもよるけど、20%位かな?あんまり田舎に行くと大変かもしれないけど、5パック血液があれば1パックはあるでしょう。それに普通に生活できるし、今のお子さんはこれでバランス取れてるんですから大丈夫ですよ』と。安心できるようなできないような・・・B型は日本では約20%でしょ、その中の20%なんだもんね〜。

法医学講義 血液型というページとかで色々調べてみたけど、割合とか輸血できる型とかも私の知識では全く分からなかった。
私はチビ嬢で初めて耳にした話だったけど、お友達ママはO型のこのタイプらしい。出産時とかは自己輸血用に血液を抜いたらしいけど、この血液型が判明したのは妊婦検診の時だったらしい。私たちが小さな頃に比べると、今の検査技術の精度が上がったのね〜。


posted by ree_mam at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。